• 2018/11/7
  • 観光ホスピタリティフィールド 資格試験合格者

 9月に実施された「国内旅行業務取扱管理者試験(国家試験)」に、1年生の倉林優実さんと原陽菜さんの2名が見事合格しました。合格率30%程度の難しい試験でしたが、過去問題等に粘り強く取り組み栄冠を勝ち取りました。

 また、同じく9月に実施された「日本の宿おもてなし検定(初級)」には、12名もの多くの学生が合格しました。この検定試験は、ホテルや旅館等のおもてなし産業で求められる、作法や立ち居振る舞い等について、その知識の度合いを問うユニークな検定試験ですが、宿泊業界等への就職を希望する学生や、実際に宿泊業界等で働いている多くのプロの方たちも受験しています。

 合格した学生たちにとっては、これから始まる就職活動に向けて、大きなアピールポイントとなることでしょう。

 観光ホスピタリティフィールドでは、この他にも「国内旅行地理検定試験」や「世界遺産検定試験」などの資格試験に、授業の中でチャレンジ出来るカリキュラムを組み、学生の資格取得をバックアップしています。

前のページに戻る