• 2018/3/7
  • 平成29年度 社会福祉実習研究会

 3月7日(水)、相談援助実習および介護実習先の職員の皆様、ならびに保護者の方々にお越しいただき、「社会福祉実習研究会」を開催しました。毎年多くの方に来ていただき実施しておりますが、今年度は例年よりも多数の来賓の方をお迎えし、行うことができました。研究会では、社会福祉士および介護福祉士フィールドの代表学生が授業で調べたことや作製したものを紹介したり、実習での学びを発表したりしました。ご出席された方々からは、「貴重な発表会だった」「今後も続けて欲しい」等、よい評価をいただき、学生・教職員共に励みになりました。
 お忙しい中、お越しいただいた皆様に感謝申し上げます。
 今後もサノタンの実習生がお世話になりますが、どうぞよろしくお願いいたします。


~研究会 発表内容~

■高齢者の生活背景:昭和時代の出来事や文化の移り変わりを調べてまとめました。

■福祉用具試作品:高齢者や障害のある人に対する福祉用具を考え、身の回りの物を使って作りました。

■事例研究:実習で行った利用者の援助計画をまとめ、考察しました。

■特性要因図:子ども達が暮らしやすい環境にするためには何が必要か「木」を使って表現しました。

■研究ノート:ドメスティックバイオレンスの現状をまとめました。

■相談援助実習報告:医療機関や高齢者施設での実習を通して学んだことを発表しました。

前のページに戻る