TOP

佐野日本大学短期大学

News|ニュース

2020/03/31

新型コロナウイルス対策について

令和2年3月31日

学生の皆様へ

学生支援課・保健室


 このたびの新型コロナウイルス感染症の流行に際し、学内における感染症対策に万全を期すことが重要となってきています。
 つきましては、1年生の皆様におかれましては、日常生活、授業、各種行事・イベント等におきまして、下記に基づき感染症の対策を心掛けるよう十分留意願います。
  1. 基本的な感染症対策の徹底
    手洗い、うがい、咳エチケットなどの基本的な感染症の対策を心掛ける。なお、感染対策の基本は、① 密集しないこと(距離を保つ)、② ものを共有しないこと(消毒励行)、③ 適切な環境を保持すること(こまめな換気)、である。
  2. 日常の健康管理や発熱等の風邪の症状がみられる場合の対応
    学生に発熱等の風邪の症状が見られるときは、無理をせずに自宅で休養すること。なお、自宅休養した場合は「学校保健安全法第19条による出席停止」として扱うが、おおよその目安は以下のとおりである。

    ① 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く場合

    ② 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合

    ③ 医療機関において新型コロナウイルスに感染していると診断された場合

  3. 感染症対策

    ① 授業等における対応について

    1)適切な環境の保持のため、教室等のこまめな換気を心掛けるともに、各人にて空調や衣服による温度調整を含めた温度、湿度の管理に留意する。

    2)教室等建物に入る場合、アルコール消毒液の手指衛生処置の頻繁使用を徹底する。

    3)発熱や咳嗽(せきそう)が新たに出現した者は、理由の如何を問わず(原因特定が難しいため)、出席はしない。

    4)無症状の者ではマスク着用は必須ではないが、唾液や鼻汁の飛散防止、手を鼻や口に持ってくるのを防ぐ効果が期待できることから、マスク着用を出来る限り励行する。

    5)コロナウイルスは飛沫・接触感染で伝播するが、ウイルス粒子を含む小飛沫が放出されてからごく短時間、空中浮遊の可能性が示唆されており、こまめな室内換気に努める。

    6)授業中の座席の間隔を空けるとともに、誰が何処の座席に着席していたかを明確にすることを理解し授業を受ける。

    ② クラブ・サークル活動、各種行事等における対応について

    1)個別対応が必要となってくるが、参加者相互の直接の接触があるもの、大声を出すもの(マイクロ飛沫感染の原因となる)には十分に注意をする。

    2)発熱や咳嗽(せきそう)などが新たに出現した者は、活動へは参加せずに自宅にて療養することとなる。

    3)合宿や試合等は当面は控えることが望ましいが、十分に状況判断し参加する。


関連書類のダウンロード