総合キャリア教育学科


総合キャリア教育学科 社会で輝く先輩たち インターンシップ フィールドとユニット 資格・検定



総合キャリア教育学科の概要


総合キャリア教育学科の教育目的

 総合キャリア教育学科は、多様なキャリアデザインの実現を可能とするため、幅広い教養教育を基本として、キャリア教育の核心となる基礎的・汎用的能力(様々な場面において対応できる能力)の修得を通じ、学ぶこと、働くこと、生きること、社会的自立、職業的自立の重要性を理解するとともに、自立に向けて専門的な知識と技術を身につけ、地域社会に貢献できる人材の育成に努めることを目的とします。


学位授与の方針

 
本学の教育目的に従って厳正に評価を行い、所定の単位を修得して、社会的職業的自立ができる実践力をそなえた学生に対し卒業を認め、学位を授与する。


教育課程編成・実施の方針

 本学は「想う人・考える人・行う人」を創るという教育理念に則り、学科ならびに各フィールドの到達目標を掲げ、キャリア教育フィールド、専門フィールド、教養・実践フィールドの3領域で編成される教育課程により、その理念の実現に努める。


学習成果

社会的、職業的自立に必要な基礎的・汎用的能力を身につけるとともに、豊かな心を養うことができる。
「学ぶこと」「働くこと」「生きること」について深く考え、的確に判断し、実践することができる。
習得した専門知識や技能を活用して課題を適切に解決し、地域社会の発展に向け積極的に貢献ができる。



総合キャリア教育学科の4つの特色

1.キャリア教育

 近年、社会が求める人材要求が厳しさを増しています。社会生活を豊かにするためには、様々な知識が必要ですが、本学では、人間性・社会性教育を人格形成の根幹におき、社会で必要とされる人材養成を目指します。そのために、必修科目「キャリア教育Ⅰ〜Ⅳ」、卒業生や企業の人事担当者によるキャリア講演会、親身なキャリア・カウンセリング等により、学生一人ひとりの自己実現を支援します。さらに、インターンシップや実習、起業家教育プログラム等により、豊かな職業体験の機会を提供します。


2.ユニット制

 ユニットとは、資格取得(国家資格、公共資格、民間資格)や専門科目などの、学習内容ごとにまとめた科目の集まりです。ユニットには必ず学ぶ目的が設定され、目指す進路や、興味・関心に応じてユニットを組み合わせることが可能です。複数の専門分野を学ぶことで、結果的に汎用的能力を身につけることができます。


3.資格取得

 ユニットの構成が資格取得(国家資格、公共資格、民間資格)を目標としていることで、目指す進路に対応した資格のほか、興味・関心に応じて複数の資格取得を目指すことが可能です。
注)資格の詳細はこちらをご参照ください。


4.履修アドバイザー(担任)

 学生の目指す進路、興味・関心など、面談を通して相互理解を深め協力しながら学生個々のキャリアデザインをサポートするシステムです。キャリアデザイン、履修方法、学生生活、就職活動など様々な相談に応じます。




資格・検定 社会で輝く先輩たち