• 2017/6/10
  • 佐野学市民講座 開講式・第1回講座

 6月10日(土)、晴天に恵まれるなか、佐野日本大学短期大学主催、佐野学市民講座「佐野の旧家を訪ねる」の開講式が、本学の大講義室にて行われました。

 約200名の市民の方々が集まり、会場は熱気を帯びた雰囲気に包まれました。

(会場はほぼ満員)

 開会式の前には、スペシャル・イベントとして、越名(こいな)舟唄保存会の有志の方々が、佐野の伝統民謡、越名舟唄を披露してくださいました。

(越名舟唄の演奏)

 開会式には佐野市長 岡部正英様、唐澤山神社宮司(佐野家第47代当主)佐野正行様、佐野商工会議所会頭 矢島堅司様をはじめ、多数のご来賓の臨席を賜りました。

(ご挨拶いただいた岡部佐野市長)

 

 開会式に引き続き、第1回佐野学市民講座「島田家の歴史と第一酒造」が、同じく大講堂にて行われました。講師は第一酒造株式会社会長の島田嘉内様です。

 第一酒造は、延宝元年(1673年)創業、栃木県最古の酒蔵で340年の歴史を有しています。

(講演中の島田嘉内様)

 島田様の冒頭のご挨拶を受けて、第一酒造に勤務する郷土史家の大高八三郎さんが、佐野から利根川をはさんで南側の地域、現在の埼玉県熊谷市の長井神社付近にルーツを有する戦国時代の土豪、嶋田氏についてお話くださいました。史料からは、北関東を舞台とする熾烈な勢力争いのなかで嶋田氏の領地(知行地)や地位が変化した経緯を読み取ることができます。嶋田氏は、戦国末期には佐野氏の客将に招かれましたが、与えられた知行地の位置から、佐野家において重んじられたと考えらえるそうです。さらに大高さんは、史料と対照しながら今日に残る地名や地形を調査した結果(例えば「横和田」の比定)についてもお話しくださいました。

 大高さんの話を受けて、島田様からは、田島村に帰農し、酒造をはじめた後の島田家に関する史料(例えば3代茂左衛門の時代の水車の証文)の紹介、また歴代島田家当主に関する逸話や言い伝えの紹介がありました。島田家当主が代々名乗っている「嘉内(かない)」という名前は、4代当主(市右衛門菊渓)が初孫誕生を祝って、その孫に与えたもの。市右衛門菊渓はそのとき「嘉内」という名前に託す思いを漢文で記し、さらにそれをもとに和歌を詠んで残している。この風流な名付けの行いは、その頃植野村にいて多くの弟子を集めていた陽明学者中根東里の影響を受けたものではないか、とのこと。嘉内は長じて6代当主となり、江戸両国の酒問屋との取引を拡大して、島田家の中興の祖になったそうです。

 明治時代に入って、佐野地域の近代化がはじまると、8代嘉内は佐野銀行の設立、唐澤山神社の創建、佐野鉄道の発展に深く関与します。他方、本業の酒造業では、太平洋戦争後に大きな転機が訪れました。第10代(先代)嘉内は、質よりも量を重視する高度成長期の酒販売のあり方に疑問を抱き、東京市場から撤退して、地元市場の開拓を目指すことを決意します。その後、第一酒造は日本酒の級別廃止と新しい品質本位の分類基準導入に対応して、いち早く全量特定名称酒の方針に切り替えたそうです。さらに今日の第一酒造は、時代の移り変わりを意識して、消費者との直接的な交流を重視しているとのお話でした。

 島田様は講演の最後に、自分たちのルーツである埼玉県熊谷市で、代々長井神社の宮司をしている嶋田氏の子孫の方と最近交流を持ったというエピソードを紹介くださり、どんどんと世の中が変わっていく今日のような時代であるからこそ、家族愛、一族愛が大切なのではないか、と結ばれました。

 

講座後のアンケートに寄せられたコメントの幾つかを紹介します。

※文意を損なわない範囲で、一部文言を変更しております。ご了承ください。

 

 次回は6月17日(土)午後1時より、「吉澤家の歴史と吉澤石灰工業」と題して、第一石灰工業株式会社代表取締役社長の吉澤慎太郎氏が講演します。

前のページに戻る