2016年8月17日(水)・18日(木)
平成28年度 キャリア教育夏季就職セミナー


 8月17日(水)、18(木)の2日間に亘り、全学年を対象に、今年もキャリア教育夏季就職セミナーを実施しました。
 初日はSPI対策講座で、実践数学と実践国語とに時間を分け、受講生が自分のニーズに合わせて受講できるようにしました。受講直後の学生(1年生)にインタビューをしたところ、「難しかったけれど、自分に現在必要な勉強が何であるのかがよく分かりました!」と爽やかな笑顔で応えてくれました。うんうん、こういう学生の反応、先生も嬉しいですよ。

 2日目は集団面接とグループディスカッションというメニュー。
就職試験の本番さながらの格好で、さすがに集団面接は1年生と2年生とは会場を分けて実施しました。

 皆さん、待ち合いの廊下で既に緊張を高め、入室すればさらに硬直していました。これまでに集団面接の経験があるという人はほとんどおらず無理もありませんが、だからこそぶっつけ本番で臨むのはリスクが高いのです。その認識があるからこそ、このセミナーに参加した人たちですから、フィードバック指導を受けて、得るものは多かったと思います。
 グループディスカッションは空間的にも見通しのよい学食で実施しました。

 まずは好ましいグループディスカッションの在り方や、参加の際の禁忌事項などの講習を受け、多少のイメージを作ってからスタート。役割分担を決めて、互いの発言によく耳を傾けて…。聴いたばかりの助言を反芻しながら、普段の談笑とは異なる雰囲気で話が進んでいきます。周囲では本番同様に先生方や事務局のベテランスタッフが評価表片手に話を聴いているので、緊張するのも当然です。最後は全員の前でグループの出した結論を発表し、再び先生方からフィードバックを受けて終了です。
 2年生は本番直前の実践として、1年生はそんな2年生の姿からの観察学習も加え、参加した人には参加したなりの、多くの実りがあったのではないでしょうか。



>>前のページに戻る