2016年3月24日(木)
キャリア教育春季セミナー


 去る3月24日、就職戦線を目前に控えた1年次学生を対象に、キャリア教育春季セミナーが実施されました。SPI・論文対策から始まって、午前中には集団面接やグループディスカッションの実体験、お昼休みには身だしなみ講座、午後からは個別面接や内省指導と盛りだくさん! すべてに参加した学生はそれこそヘトヘトになったかもしれませんが、アンケートを参照するとそれぞれが相応の成果を得られたようです。
 SPIや論文の対策は、もちろん個人で毎日コツコツ勉強していく他ないのですが、それでもやはり勉強の勘所や陥りやすい落とし穴に気づく機会には価値があります。また、普段交渉の少ないフィールドの学生同士がグループを組んで実施した集団面接やグループディスカッションには臨場感があり、最初は緊張しても経験した甲斐があったと思います。身だしなみ講座では男子はダンディー(?)教員による個別指導、女子には銀座のジャパン・ビューティー・プロダクツ(株)から3人の講師をお招きして、就職活動で好印象を与えるメイクの仕方をレクチャー及び個人指導してもらいました。午後の個人面接は集団面接評価を基にした選抜対象者に対して行われました。万座プリンスホテル(午前中の面談までお力添えくださってありがとうございました!)、宇都宮東病院、日本栄養給食協会人事研修センター、トヨタカローラ栃木から人事ご担当者にご来学いただき、実際の面接でどのようなことを訊かれるのか、更に「どうしてそのような質問をするのか」、どういう所作が好印象を与えるのかということまで、同席した教員の目からも鱗が落ちるようなご指導をしていただきました。選抜されなかった学生にも内省指導が用意されており、午前中のそれぞれのセッションでどう振舞えばよかったのかが丁寧にフィードバックされました。
 就職活動は経験がモノを言います。今回は手ごたえがあり過ぎて目が回った人もいたかもしれませんが、本番までに実践に迫る模擬体験ができたことで、これから何を準備したらよいかがイメージできたことでしょう。キャリアとはまさに千里の道。一歩一歩をたいせつに進んでいきましょう!

(キャリア教育委員会)








>>前のページに戻る