2015年10月3日(土)
平成27年度 第2回 とちぎ夢大地応援団カレッジ活動


 栃木県・(公財)栃木県農業振興公社が主体となって、次世代を担う大学生に、農作業体験を交えた農地保全活動への参加を促し、農業・農村の必要性や重要性についての理解促進を図り、豊かな農村環境の維持・保全、地域資源の創造と継承を目的に「とちぎ夢大地応援団カレッジ」を実施しています。
 この目的の達成に向けて、本学の教育目標である「想う人・考える人・行う人を創る」という学修を体得する「アクティブ・ラーニング(能動的学修)」に学生がチャレンジします。   
 第2回とちぎ夢大地応援団カレッジ活動は、10月3日(土)、栃木市大柿地区で実施され、 本学学生11名と教職員4名が参加しました。活動内容は、①ヒガンバナの球根取りと植え付け、②サツマイモ・落花生掘り、柿取り、③地域住民との交流会等でした。ボランティアに参加した学生達は「球根の植え替えや野菜の収穫など初めての貴重な体験をさせて頂き、とても楽しかったです」「皆さん優しくて、カレーもおいしかったです」と語っていました。


ヒガンバナの球根取りと植え付け サツマイモ掘り


サツマイモの収穫 落花生の収穫


>>前のページに戻る