2015年1月9日(金)
介護総合演習・壁飾り作成


 介護福祉フィールド1年生は、壁飾りの作成を通して、高齢者の楽しみや生活に彩りを添える支援について学んでいます。例年は季節や行事に合わせた壁飾りを作成していますが、今年は少し視点を変え、唱歌の情景を壁面で表わすことにしました。学生はグループで歌を選び、歌詞からどんな壁飾りにするのか相談しました。材料も、色画用紙や折り紙だけではなく、身近な物を工夫して完成させました。完成した作品は授業で発表会を行い、学生と教員で楽しみました。


「夕焼小焼」
「朧月夜」
♪ゆうやけこやけで ひがくれて
 やまのおてらの かねがなる
♪菜の花畠に、入日薄れ
 見わたす山の端(は)、霞ふかし
 秋の夕焼けです。男の子と女の子は自由に動かせます。さらにお寺の鐘は、触ると鈴の音が?!  春の山々をイメージしました。山はフェルトで立体的に、菜の花は折り紙で一つ一つ作ってあります。


「ふじの山」
♪あたまを雲の上に出し
 ・・・・・ふじは日本一の山
 日本一の富士山だからこそ、大きく作りました。歌詞にある「かみなりさま」も小さく顔を見せます。


>>前のページに戻る