2014年9月19日(金)
防災対策


 9月16日、佐野市では震度5弱の強い揺れを感じる地震がありました。幸いこの日は夏季休業期間中ということもあり、学生は登校していませんでした。大きな被害はなく、ひと安心しています。
 しかし、災害はいつ起きるか分かりません。そのため、さのたんでは東日本大震災での教訓をもとに、日頃から防災対策に努めています。

・各教室に避難経路を掲示
・防災グッズ
・災害時の備蓄品
・AEDの設置

 また、さのたんの授業の中には、災害心理や救急時の対応などが学べる科目もあります。学生・教職員ともに、防災に対する意識を強めていきたいです。


各教室には避難経路を掲示しています


その他、水や缶パン、コンパクトトイレなども備えています


>>前のページに戻る